アトピー肌に効果のあるサプリで対策しよう|日常生活を快適に過ごす

栄養補助食品

症状を最小限に抑える

植物

摂るべき栄養

アトピーとは肌の乾燥やかゆみをともなうアレルギー性の皮膚炎のことです。保湿を心がけることでかゆみは一時的に抑えられますが、冬場など乾燥する時期はとても皮膚が敏感になりやすく赤みや湿疹が出来ることもあります。対策としてはビタミンCを十分に摂取することです。ビタミンCは水溶性のビタミンなので、沢山摂り過ぎてしまっても余分な分は尿として体外に排出されるので過剰摂取の心配はありません。しかし、不足すると細胞の酸化を進めてしまいます。アトピーになると、肌の免疫力が落ちて敏感になってしまうのでかゆみや赤み、湿疹などが出やすくなり色素沈着も起きますが、ビタミンCには免疫力を上げる作用と色素沈着を防いで肌の明るさを保つ働きがあるので症状緩和の対策としては必須栄養素なのです。

食品だけに頼らない

アトピーの対策としてビタミンCの摂取は必須ですが、食品から摂ろうと思うと摂取量が少ない場合があります。ビタミンCは水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、光や熱にも弱いデリケートな性質となっています。食品から摂取する時は出来るだけ生の状態で食べるようにする必要があります。加熱したり煮たり調理すると栄養成分が外に流れ出てしまうからです。効率的に摂取するのであれば健康補助食品などを利用して不足する分を補うようにしたほうが必要な量をしっかりと摂取することが出来ます。食品から摂っていても現代ではインスタント食品や加工食品、冷凍食品を日々の食卓に取り入れていることも多いので自分が思っているほど摂取できていないことも考えられます。少しでもアトピーの症状を良くする対策としては、食品だけに頼らない食生活も大切です。